ライースリペアの肌への効果は?毛穴・ニキビ・シミにはどう?

ライースリペアは、ライスパワー11が高配合された医薬部外品の基礎化粧品。

 

セラミドを生み出して肌の水分保持能が改善できるライスパワー11ですが、他にも肌への嬉しい効果があれば知りたいですよね?

 

 

そこで、私が気になっている毛穴と、よく検索されている「ニキビ」「ハリ」を中心に調べてみました。


 

\ WEB限定 /

「補うセラミド」から「生み出すセラミド」へ!

 

 

「ライースリペアは効果なし」という口コミはどういうこと?

 

 

ライースリペアの口コミを見ていると、「効果なし」と書いている人がいます。

 

「ヒリヒリした」「肌が赤くなった」とか、何かの成分が合わなくてアレルギー反応が出たというならわかるのですが、「効果なし!」では何に効果がなかったのか不明ですよね。

 

そこで、毛穴・ニキビ・ハリに焦点を絞って調べてみました。

 

ライスパワー11の効果

 

 

ライースリペアといったら、ライスパワーを開発した本家本元が製造している化粧品。

 

そして、ライスパワーと言えば、誰でも真っ先に思い浮かべるのが「ライスパワー11」ですね。

 

ライスパワー11は「水分保持能を改善」できる成分として、日本で唯一認められた医薬部外品の有効成分。

 

 

そして、ライスパワー11の働きは、保湿に重要な役割を果たしているセラミドを外から補うのではなく、内側から生み出せることにあるのです!


 

セラミドは角層内で角層細胞同士の間を埋めている細胞間脂質ですが、過剰な洗顔や加齢によって減少してしまいます。

 

セラミド、脂肪酸、コレステロールがラメラ構造になっている細胞間脂質。

 

そして、その細胞間脂質のなかを重量比でみると、一番多いのがセラミド!

 

セラミドがどれだけ重要な役割を果たしているか、乾燥肌にはセラミドと言われる理由がわかりますね。

 

ライースリペアの肌への効果

セラミドを増やせるライスパワー11がたっぷりと配合されたライースリペア。

 

分類としては化粧品ではなく医薬部外品なので、一般化粧品よりは効果が期待できます。

 

その大きな違いが“有効成分”

 

医薬部外品の有効成分として認められた成分を化粧品に配合しているものもありますが、医薬部外品は一定量以上を配合していることが条件なんです。

 

 

同じライスパワー11を配合している化粧水や美容液でも、化粧品と医薬部外品だったら配合量が全然違うので、水分保持能を改善するチカラにも差が生まれます。


 

毛穴

毛穴は脂性肌やニキビ肌の人の方が目立ちやすいですが、年齢を重ねるごとに乾燥やたるみによっても目立つようになります。

 

私は頬の毛穴が目立っていつも気になっていたんですが、ライースリペアを使いはじめて数日で以前ほど気にならなくなりました。

 

もちろん毛穴が100%閉じて毛穴レスになったわけではありませんが、肌がふっくらと保湿されたことでカサカサ時代より目立たなくなりますよ。

 

ニキビ

ライースリペアはクリームでもベタベタと油分が多いタイプではないので、大人ニキビに悩んでいる肌質の人にもさっぱり使えると思います。

 

ただ、人によってニキビの原因もさまざまなので、一度トライアルセットで試すことをおすすめします。

 

ハリ

ハリって人それぞれ自覚する感覚が違うと思いますが、私はライースリペアにハリを与える効果はあると断言できます。

 

内側からふっくらモチモチの肌になれるので、以前とは比較にならないほどピーンって感じ♪

 

もちろん使い続ければ、その安定した状態をキープできます。

 

\ WEB限定 /

「補うセラミド」から「生み出すセラミド」へ!

 

ライースリペアの効果的な使い方

 

 

ライースリペアそれぞれの使用目安量や使い方をしっかり覚えましょう。

 

インナーモイスチュアローションNo.11の使い方

 

インナーモイスチュアエッセンスNo.11の使い方

 

インナーモイスチュアクリームNo.11の使い方

 

化粧水・美容液・クリーム、乾燥が気になる部分には重ねづけしましょう。

 

とくに気になる部分の重ねづけには、美容液がおすすめ!

 

\ WEB限定 /

「補うセラミド」から「生み出すセラミド」へ!