ライースリペアの成分解析結果|毒性や刺激は大丈夫?

私にとってライースリペアは、肌が荒れているときにも使える化粧品。

 

優しいとは思うんですが、本当に配合されている全成分は大丈夫なのでしょうか?

 

毒性は?

 

刺激は?

 

 

私は成分が気になるタイプなので、化粧水・美容液・クリームの全成分を解析サイトで調べてみました。


 

\ WEB限定 /

「補うセラミド」から「生み出すセラミド」へ!

 

 

ライースリペアの成分を解析してみた!

 

 

ライースリペアにも「肌に合わなかった」という口コミはありますよね。

 

だから、以前にアレルギー反応を起こした成分が分かっている人は、購入前に必ずチェックしておきましょう。

 

ライースリペア化粧水(インナーモイスチュアローションNo.11)の全成分

有効成分:ライスパワーNo.11エキス
水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

 

毒性判定結果
  • 精製大豆レシチン
  • ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル
  • 水酸化大豆リン脂質
  • ショ糖脂肪酸エステル

 

ライースリペア美容液(インナーモイスチュアエッセンスNo.11)の全成分

有効成分:ライスパワーNo.11エキス
水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2‐エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

 

毒性判定結果
  • ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体
  • ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド
  • ポリオキシプロピレンメチルグルコシド
  • セスキステアリン酸メチルグルコシド
  • ポリオキシエチレンステアリルエーテル

 

ライースリペアクリーム(インナーモイスチュアクリームNo.11)の全成分

有効成分:ライスパワーNo.11エキス
水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ホホバ油、メドウフォーム油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチルアルコール、ステアリン酸、N‐ラウロイル‐L‐グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‐オクチルドデシル)、エタノール、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリメチルグリシン、バチルアルコール、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、メチルパラベン、オレンジ果汁、天然ビタミンE、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、モモ果汁、キサンタンガム、ノバラエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム

 

毒性判定結果
  • 自己乳化型モノステアリン酸グリセリル
  • モノステアリン酸ソルビタン

 

成分解析結果まとめ

成分解析サイトで分析した結果、赤字で表示された成分はすべて「合成界面活性剤、乳化剤」

 

美容液やクリームと言うものは水と油を混ぜているので、界面活性剤を使っているのは当たり前。

 

 

肌への刺激が気になる人は、なるべく界面活性剤の数が少ないものを選ぶのもひとつの方法ですね。


 

\ WEB限定 /

「補うセラミド」から「生み出すセラミド」へ!